読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水頭症や障がいがあっても まじめに元気に!

障がいを持った20代女性です 水頭症という人とちょっと違う病がありますが、まじめに元気に生きてます 私の元気を同じような悩みを持つ人に分けてあげます 人生悪いことばかりじゃないよ

友人がたくさん! ~あなたの周りはいつも輝いている!~

私は持病や障がいがある人は、「気持ちを強く持たなければ」と思う。

勿論考え方は人それぞれだからみんな違っていいのだけれど、私は自分にも友人にも〔絶対無理はしない事〕といっている。

友人も持病や障がいは異なるけれど障がい者という大きなくくりでは同じだしお互い無くしたくない友人同士だから。

相手の気持ちを考えてあげられる。

それは障がい者だからこそできる事だと思う。人の気持ちに敏感なのかなとさえ思う。

みんなそれぞれ苦しい面がある。

でも、些細な一言が救いだったりする。

言葉は人を笑顔にできるんだよ。

1歩踏み出してみんなを笑顔にしてあげよう。

みんなが待ってるよ。あなたのその笑顔。

みんなとたくさん笑おうよ。

どれだけ笑ってもいいの。 笑顔の自分を想像してごらん。 ほら、素敵!

きっといい事があるから、

笑顔で幸せを呼ぼう!

笑顔一番! ~過去にサヨナラ、新たな出会いにドキドキワクワクしよう!~

私は毎日楽しい。

だけれど一週間の中で一番楽しくて、私にとって「特別な曜日」がある。 それは金曜日。

何故かと言うと、

前職の友人と楽しく話せるからだ。 LINEでも土日祝日以外は話しているが、金曜日は私がその人に英語を教える日だから。

私は小学校二年から中学卒業まで英語塾に通っていた。高校でも英語は勿論学んだし、大学でも外国語専攻英語コースで四年間学んだ。

ある時、前職の友人が英語を教えてほしいといってきたので、職場での昼休みや金曜は英語学習の日になった。

私はある事がきっかけで会社を辞めましたが今でも英語学習は続いています。 ほんのひと単語LINEの文章に混ぜてみたり。

誰にだって得手不得手はある。

持病や障がいがあるとみなそれぞれ思う事も様々でしょう。

でも、あなたにもきっと誇れるものがあるし、誰にも負けないものがあるから落ち込まないで。

笑顔で幸せを呼ぼう!

スマイルパワー全開! ~幸せを逃さず日々楽しく過ごそう!~

私はこうして文章を書いて皆さんに少しでも元気を分けてあげられることが嬉しい。

私自身持病や障がいがあるから、時々抵抗はあるけれど、ほんの一言でもいいから書く。

どんな形であれ勇気を出して行動してみると必ず結果がついてくるから嬉しい。

私のツイッターの文章もこのはてなブログでも、私や他の障がい者に対しての励ましが主だけれど、時には違う話題を出してみてもいいね評価がつくから嬉しい。

持病や障がいがあると、真っ先に思い浮かぶのが可哀想とかのマイナスイメージ。

でも、可哀想なんかじゃない、私達だって皆と同じなんだから。

欠けている部分があるかもしれない。

けれど、私達は「他人を思いやる気持ち」は誰にも負けない。

だって、いつでも、どんな時でも私達はたくさんの人に助けられているのだから。

今度は私達の恩返しの番。

たくさんの笑顔を分けてあげよう。

笑顔で幸せを呼ぼう!

辛さの先に笑顔の花畑! ~毎日たくさんの笑顔でいっぱいだよ!~

私達は持病や障がいを持ちながら一生懸命生きている。

時には差別され、いじめられて辛い経験もたくさんしただろう。

けれど、まだまだこれから先も散々同じ経験をする。

だって、世の中いい人ばかりではないから。

色んな人がいる中で私達は「自分らしく」生きていくの。

私達にとって嫌なのは持病持ちの障がい者だから辛いという事。

でも、辛い事ばかりにいつまでも捕らわれないでほしい。

私も前職でつけられた傷は未だに消えないけれど、でも嫌な事ばかりではなかったよ。

ちゃんと〔友達〕ができたし、その人とは今も仲よしだから、もうお互い[親友]と呼べる仲になっている。

これから先まだまだ持病や障がいと付き合うのは長いもの。

いつでも笑顔でいたいし、幸せでいたい。

辛い事があった分、乗り越えていけるから、

笑顔で幸せを呼ぼう!

元気は幸せサイン! ~私達に持病や障がいがあっても助けてあげるよ!~

私は最近とても調子がいいと自分で思う。

それは、内服薬の量が微量ながら減ったり、脳波の検査や採血がなかったりするからだ。

私は時々「献血」の文字を目にするけれど、私は決して献血はできない、内服薬があるからだ。

自分はたくさんの人に助けられているのに、私はこうして文章で障がい者である自分自身と、同じ立場の人達を助けるしかない。

時々、私の文章で助けになっているのかな?とか、私の文章が読者にどんな勇気を与えたんだろうとか不安になるけど、それが、一つの楽しみだったりする。

[言葉は魔法]。 私はそう思う。 勿論使い方を間違えれば恐ろしい凶器になるし、二度と取り返しがつかない。

それぞれが、自分のできる事でみんなをそして、自分自身を笑顔にしよう。

そして、

笑顔で幸せを呼ぼう!

気持ちはいつでも明るく! ~皆さんにたくさんの幸がありますように!~

私は病気や障がいに負けたくないから、持病や障がいに関しては、「まぁ、いいか」と軽く考える。

持病や障がいをもったのは私が望んだ事ではないし、私の中から離れてと念じたところで離れてはくれない。

確かに不自由もたくさんあるけれど、いい事もたくさんある。

障がい者になったことで人のあたたかさを改めて実感したし、自分が障がい者だからこそ改めて他人を思いやれるようになった。

ほらね、何もできない訳じゃないでしょ?

私はこれからも「他人を思いやる気持ち」を忘れない。

だって、私達は今もこれからもたくさんの人に支えてもらいながら生きていくんだから。

忘れないでね、辛いのはあなただけじゃないから。

周りを見渡してごらんよ、いい事がたくさんある。

みんな、いつでもいい事ばかりなんだよ。

ほら、暗い顔しないで、

笑顔で幸せを呼ぼう!

Take it easy! ~明るい未来、楽しい毎日をこの手で掴もう!~

私達『障がい者』の親や、障がい者自身は厳しい事があるけれど、それはおそらく〔持病や障がいがあっても、何も変わらず、みんなと同じでいてほしい」と思うからだと私は思う。

私自身、望んで障がい者になったわけでもないし、今でも思う。

障がい者でなければ、別の人生歩めていたのにと。

でも、どんなに願っても過去は変えられない。変えられるとするなら「今」と「これから」だろう。

過去の事はなかなか消し去る事はできないけれど、無理に消そうとしなくていい。

徐々に消えていくから。

私にも忘れたい過去は山ほどある。 とてつもなく嫌な思い出。

でも、その思い出も含めて今の私がいる。

いつまでも嫌な事を気にしていたら身体が持たない、疲れてしまう。

気楽に考えようよ。

明るく考えれば、ほら、目の前に楽しい・嬉しい事が見えてきた。

私はこんな風でもいつでも輝いていたいし皆さんにも輝いていてほしい。

だから、いつでもキラキラ輝いていて。

笑顔で幸せを呼ぼう!