読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水頭症や障がいがあっても まじめに元気に!

障がいを持った20代女性です 水頭症という人とちょっと違う病がありますが、まじめに元気に生きてます 私の元気を同じような悩みを持つ人に分けてあげます 人生悪いことばかりじゃないよ

私のこと

~悲しい編~

私が一番悲しいこと。それは、持病が起こる度に薬の量や種類が増やされること。

持病を治す為だから、薬の量・種類が増えるのは仕方ないということは頭で理解はしていても、やはり薬の量が多ければ多いほど、それだけでお腹いっぱいになりそうな気分になるので悲しい。

特に、一度でも持病を起こせば薬の量を調節しないといけないけれど、私の持病はいつ起こるか分からないし、程度によっては入院治療もありうるから、それはそれで悲しい。

 

だけど、悲しいことばかりじゃない。

入院治療や薬の調節しながらいる私だけど状態は安定してる。

 

私もそうだけど、自分に病気があるからと考えるから悲しくなる。

 

でも、見方を変えてごらんよ。

貴方が歩んできた道には暗いことばかりでしたか?

そうじゃないはず。

だって、私達障がい者だって皆と同じだから。