水頭症や障がいがあっても まじめに元気に!

障がいを持った20代女性です 水頭症という人とちょっと違う病がありますが、まじめに元気に生きてます 私の元気を同じような悩みを持つ人に分けてあげます 人生悪いことばかりじゃないよ

辛さ=楽しさという平等関係にある! ~辛いのも楽しいのもその時だけだけれど、喜怒哀楽の思い出も増やして今しかできない事を楽しもう!~

私は《世界的に流行しているウイルス》に関してのニュースは1日に1回観ればいいかな~って思う。「今日は何人感染しました」というニュースを観ると私は気持ちとして苦しくなるから・・・。

もちろん、感染した人や感染者が発生した施設で働く人達は感染者とは違う意味で可哀想に思うよ?人は誰でもそれぞれ生活があるし、働いてお給料をもらって生活しているのも分かっているから・・・ブログ内では私の実年齢は非公開だが成人は過ぎているし。けれど、ブログで書いている文章は幼い時があるかな?(笑)

最近はアマゾンプライムで過去に自分が観ていたアニメやドラマを観る時間が多くなった。《世界的に流行しているウイルス》関連で3密(密閉・密集・密接)のところに行くのを避けている事もあるかもしれない。仕事場でも限られた人としか話さないし・・・

感染を防ぐ為とはいえ、これは悲しすぎるかな?けれど、持病や障がいがある人達はウイルスに弱い体だし、かかれば重症化しやすいし。ニュースで「高齢者は感染に気をつけましょう」という言葉は聞くことがあるけれど、『持病がある障がい者』の人達の事も含まれているのかな~というのは私の中で疑問に思う。

何だかこうやって書いていると「この人(私の事)大人なのに、疑問が多いな~」って思う人もいるかもしれない。自分の持病の事でも疑問があり、その疑問をブログ内で公開して、読者様に助けてもらおうとしている事もあるんだから、そう思われても仕方ないのかな?

でもまだ私の中で好きな物事がゼロになったわけじゃない!っていうかゼロにならないように、「私が悩んでいるのは病気じゃない」って無理に言い聞かせているだけなんだけれどね。発作が起きなければ私も苦しくないし、周りの人達にも迷惑をかけたり困らせたりしないわけだから・・・。私自身はかなり苦しいけれど、どうしたらいいのかも分からないから、「このままではダメだ」と分かっていてもこの状態を続けるしかない。

今は色々な事に耐えなきゃいけないし、場合によっては制限もある。精神的にも体にも苦しくない・辛くないような体がほしいな~。だって、これだけ色々制限があって病気にもならないって事は心と体のバランスが上手くとれてるって事でしょ?私はその方法が知りたい~

最近ではWHOが《世界的に流行しているウイルス》に特効薬は無い!って発表があったばかりだと思う。

という事は、一人一人がウイルスに気をつけながら、好きな物事や仕事をするしかないって事かな?協力が多ければ多いほど早く終わるなんてことにはならないか・・・

皆さんや私にいい事がたくさんありますように。

笑顔で幸せを呼ぼう!

人生は1度だけしかない、辛い事を減らして楽しい事を増やそう! ~様々なコミニュケーションで色々な人の手助けをしながら自分の知識と知恵を増やそうよ!~

私は、このブログ作成も【私のやるべき事】の1つとなっているが、毎回ネタに困っている。でも、私のブログを楽しみにしてくれている読者様もきっといると思うから、そういう人達の気持ちは大切にしたいなと思う。

私は今でも「ん?」と思っている病名には苦しんでいる。次の受診日までまだ暫くあるからな~?それに、診断をした主治医と別の専門医で言い分が違えば、「どっちの言う事を信じていいの?患者側の私は素人なんだけれど・・・」と毎回思う。手帳習得の為、必要な手続きをしに市役所に行った時、初めて診断書に書かれた診断名を母親と見たが私は全く分からないし、母親は「○○(私の名前)の気持ちが弱いから、こういう診断をされるんでしょ?もっと気持ちを強く持たないと!」という理解で私の診断された事は病気だとは思ってないらしい。主治医や専門医よりも長い時間私と一緒にいるのは両親だから、両親の言う事を信じていればいいのか?医療に関しては私と同じく素人だけれど、主治医から診断を受けた私にも両親にも説明がないって事は「病気じゃない」って理解でいいのかな?過去に2回程主治医の前で発作になって意識を無くしてるって経緯があるんだけれど・・・

今一度私が診断され、「ん?」と思う病名について書こうと思う。もし、私のブログの読者様のなかで「同じ診断を受けた。対策や対応や症状についてはこんなふうに言われたよ」という読者様がいれば教えてほしい。私は「SNSの言う事・書いてある事を鵜呑みにしたらダメ!どれが嘘か本当か見分けがつかないでしょ?」と何度も言われ続けている。それに対して「私は覚えが悪いから説明書として、症状・対策・対応を書いたものを出して」と言っているのだが「お金がかかるよ」と言われ続けている。診断書を出してもらったときも結構料金がかかったからね~。

前置きが凄く長くなったが『解離障がいによる心因性てんかん発作』って病気なの?病気じゃないの?どんな症状があり、対策や対応はどうすればいいの?主治医に聞くのが一番いいのは分かっているが何も言ってくれない。別の専門医からは「覚え書きでも書類作成の分類に入るからお金がかかるよ?」と言われるし・・・SNSに頼ってはダメと言われているけれど、詳しい・納得のいく説明がなければSNSに頼るしかないと思うんだ。これも過去のブログに重複するが、私は既に喋る事・書く事・食べる事が苦しい。これに関して別の専門医は「それは主治医が出した病気の影響であり《世界的に流行しているウイルス》も関係している」と言われているけれど、主治医は私の近況と一緒に話を聞く両親の1人に家での様子を聞くだけなの。

《世界的に流行しているウイルス》で、活動も行動も制限や自粛が多いけれど、自然界に咲く花や虫の鳴き声や気温で季節の変化を感じる事はできるよね?

そういうので季節を楽しむのも新しくていいんじゃない?ストレスが溜まる事もあるけれど仕方ないよ。治まるまでは・・・ストレスに対するコントロールって難しいけれど、《世界的に流行しているウイルス》は1人1人の意識と対策で何とかなるかもしれないし?!

皆さんや私にいい事がたくさんありますように。

笑顔で幸せを呼ぼう!

どんな状況でも希望はゼロにはしないで、誰でも誰かの支えになれる! ~辛く苦しい時もあるけれど、乗り越えれば自分の誇りになるし周りの人達の励みにもなるよ!~

私は中学生時代演劇部に所属しており、その頃から小説家の真似事みたいに思いついた架空・空想・妄想話をノートに書いていたから、またやってみようかな~と思う時がある。

今は教科書やノートも端末化になって色々進歩しているけれど、やっぱり〔書かない・使わないと覚えられない!〕という場合も出てくるかもしれないでしょ?

色々変わっているのはいいと思う。けれど慣れないと変化には対応するのが遅れるよね~?人それぞれ考えや気持ちが異なるように物事に対する対応力も違うんだから・・・。

私も色々な人から色々な場面で学ぶ事がたくさんある。

例えば、私が書いているブログに《いいね評価》がないと、「読者の皆様にはどんな文章が読みたいんだろう?」とか、「このブログの内容のどんなところが良かったんだろう?私が思っている事を書いているだけなのに」と思う事もあれば、「ブログは誰もが自由に読むものだし、評価をするのも読者の皆様の自由だし・・・」と割り切っている私も存在している。

自分の好きな物事なら楽しくやりたい!この気持ちは誰にでもあると思うし、存在していい感情だと思う。けれど、時には我慢も必要だと思う。我慢の期間が長いとストレスになり、更に深刻になると病気に発展したりする場合がある。病気になってさらには『入院治療』となると、自分の好きな物事をする時間が減ってしまい、更にストレスになる場合もあるかもしれない。

だったら、自分が「やってみようかな~」とか「やってみたい!」って思う事をやってみようよ!と私は思う。

私も誰にも見せないけれど架空・妄想・空想話を書いてみようかな?

仕事ではパソコンを使って終了時間まで作業しているけれど、パソコンに書いて残すのとノートに書いて残すのでは何か違いがあると思うし、そういう違いを楽しむのも【新しい楽しみ方の誕生!】なんじゃない?

まだ、やってみようかな?と思うだけで、やる!とは確定してないけれど、思うだけでも別にいいよね?

自分が好きな事・得意な事はまだまだ他にもあるし、もしかしたらそういう物事が他に活かされ、誰かの役に立ち、感謝される日がくるかもしれない。そういう日はなかなかこないけれど、感謝の評価や一言があるだけでも、お互い気持ちは変わってくるよね?!

例えば、教えた側の人達は「あっ、これは私が教えてあげた!こんなところで活かされているんだ~」という気持ちが生まれるだろうし、教えられる人達は「こういう事もあるんだ~。知らなかった~。やっぱり色々な人との交流って大事だな~」と思うかもしれない。

上記に書いた思いは私が一例として書いただけなので、全く同じ思いの人はいないと思うけれど、似たような考えの人はいるかな?(笑)

皆さんや私にいい事がたくさんありますように。

笑顔で幸せを呼ぼう!

好きな物事に対しての楽しみ方は人それぞれ! ~自分のおススメを他の人にも紹介して、色々な人と関わり知り合いになれるといいな!~

私は《世界的に流行しているウイルス》が始まる前から、月に1回だけ行なっている〔映画鑑賞〕や、年に2回あるかないかの〔私と私の恩師達との食事会〕も治まるまで開催できずにいるけれど、別の楽しみ方で今の状況を理解し、自分なりにウイルスにかからないようにしているけれど、「今日がどんな1日になるか」や「明日はどんな日になるか」なんて誰にも分からない・・・。

持病や障がいでも分からない事ばかり。私の場合は「自分の病気や障がいだから、ある程度の理解は自分でしておこう」と思ったりもするけれど、医療用語は難しくて分からないし医療専門の学校で勉強してこなかったから難しい事はやっぱり分からない。それだから診断を出した主治医には「ちゃんと、分かりやすく説明して!」と言いたいし思うのだけれど、「診断書作成にはお金がかかる」と言われてしまう。私は自分の興味のない事は覚えてられないし、医療って難しいから『万が一の時の対応・対処・自分でできる予防策』として診断書を求めているんだけれど、私のような考えでの診断書作成ってやっぱり無理・無茶な事なのかな?

最近は新しい楽しみ方として随分前に購入した小説を読んでいるけれど、頭の中に浮かぶ情景が毎回違うのが楽しいし、先日友人からおススメされた作品をTV番組の放送で観たけれど、私は初めて観る作品だったし、おススメしてくれた友人曰く「○○さん(私の事)が持病や障がいがある人達に向けてブログを書いているなら、話題にできるかもしれないよ?」と言われて観てみたけれど、私はその作品を観てこう感じた。

・人の事を見た目で判断してはいけない ・持病や障がいの有無で判断してはいけない ・杖や補聴器等のその人にとって必要なものを奪い取り、遊び道具にしてはいけない

という事。

また、この映画のタイトルで1つ勉強になったこともあった。私が普段日常生活や日常会話で使わない漢字があり「この漢字は本当にそういうふうに読むの~?」と最初は疑った私だけれど、後で調べてみるとその漢字はあった!当て字ではなく1つの漢字として・・・

また最近の私はLINEのスタンプショップでスタンプを見るのが楽しみ。私が今使っているスマホはプレイストアが上手く開かず、LINEもバージョンアップできないけれど、その代わり両親経由で「私、LINEスタンプはこれが欲しい!」って言えばプレゼントしてもらえるし、スマホを買い換えようにも高いからねぇ~。今流行のゲームの機械でやってみたいゲームもあるけれど、それもCMやユーチューブで[プレイした気持ち]になっておこうっと!

好きな物事をするのは大事だけれど、自分の体調も同じくらい大事だと私は考えているんだ!

皆さんや私にいい事がたくさんありますように。

笑顔で幸せを呼ぼう!

苦しいのは自分だけじゃない、誰にでもある事! ~1人で悩まないで誰かに相談して新しい知恵を実践して気持ちを少しでも楽にし感謝の気持ちを育もう!~

私は自分の持病や障がいについて考えるのは苦しくて辛い状況にあるが、医療ドラマや小説やバラエティー番組を観たり読んだりするのは苦しくないという、考えてみるとちょっと変~と思われる状態にある。けれど、自分の好きな物事が完全にできなくなる状態にはなっていない。とはいえ、私の場合は毎日少しずつ好きな物事が嫌いになったり、やりたくなくなってきているのは確かなのだ。

おそらく、その原因は先日からブログで公開している病名だろうな~とは思っているけれど、その一方で「この病名で、そんな状態になる?」という疑問も出ている。けれど、この状態が病気的なものでも、そうでなくてもブログの作成とLINEでの友人とのコミニュケーションは嫌いになりたくないし、いい関係が続いているなら続いていくといいなと願っている。

《世界的に流行しているウイルス》で誰にでもストレスは生じてると思うけれど、私もそれで思考が変になっているのかな?ブログを公開する際は誤字脱字や言葉が変じゃないかな~とか読み返してから公開しているし、土日祝日はブログ作成を休んでいるのに・・・仕事以外で話題がないのもいけないのかな?けれど、《世界的に流行しているウイルス》が治まるまでは不用不急の外出はしないほうがいいし・・・難しいよね

私といえばコミックや小説やテレビ番組も曜日固定で決まっている。楽しいけれど今は友人と遊びに出かけたい~!今の世間的な状況を見れば無理なのは分かるから、いつかは・・・ね?

私の場合は学生時代から同じ年頃の友人が少ないし、誘われるかな~?今では連絡をとる同じ年頃の友人が1人になっちゃった!後は私の幼少期の恩師か、その他の関係の友人なんだけれど。

私の母親は「色々な関係や年齢の友人がいるのはいい事だと思うよ?お互いに勉強になる事があるはずだし」とよく私に言っている。最初の頃はその意味が分からず「?」という感じだったけれど、私が年齢を重ねるにつれてその意味も理解できた。

私としても友人を増やしたいけれど、持病や障がいの事を話しだすと相手のほうから逃げていく。何で?

持病や障がいの有無で判断してるの?そういう判断したら持病や障がいがある人達が可哀想だよ。それに今は健康でも、ある日突然病気や障がいを持つ身体になったら、「あの時、持病や障がいがある人達をイジメたり差別しなきゃよかった。持病や障がいがあるってこんなに辛いんだ」って思う事も出てくるかもしれない。

人の思いはそれぞれだし、このブログに記すのは私の考えや一例なんだけれどね。読者の皆さんの参考や励みになっているといいな!

皆さんや私にいい事がたくさんありますように。

笑顔で幸せを呼ぼう!

1人の力では解決しないけれど、大勢の協力があればできない事はない! ~みんながそれぞれ自分の知恵・知識で色んな人達を救うヒーローになれるよ!~

私はまだ、《世界的に流行しているウイルス》から出来上がった〔新しい生活様式〕には慣れていない。多分先日からブログで公表している私の持病の事で「ん?」と思う事があるからかな?

けれど、「SNSで調べないように」と言われたり、私自身に「家族には余計な心配をかけたくない」という思いがあるから、結局LINEで繋がっている友人2人に頼っている。頼る人を間違っているのは私も分かっている。けれど、私の記憶では診断をした主治医から「これはこういう病気で、こういう症状が出るので気をつけましょう」って私や両親に説明されてない気もするんだよね~?という事はこの苦しみは病気ではないという認識でいいのかな?それなら日に日に大きくなっていくこの苦しみは何だろう?もしかして恋だったりして(笑)

けれど、恋をしたからと言って日常生活に支障がでるほどの症状がある?私も過去に一度だけ恋愛経験があるが、その時は「ん?」と思うような症状は出なかった。という事はやっぱり「ん?」と思っている持病関係かな?けれど覚えが悪い私が主治医に診断書の病名の説明書を頼むとお金がかかっちゃうし・・・私の場合はやっぱり今までと同じように《困った時には友人に頼る》でいいのかな~?

ブログ作成以外の別の仕事の面では最近、毎日1つは新しい事を教わっている。時には私が興味のない分野の仕事があるけれど、「こういう仕事もあるよ」という事で覚えておけばいいと私は考えている。仕事は自分の好きな事ばかりで成り立っているわけではないから。そういう仕事で成り立っている人達や業種の人達は僅かな人達だと思うんだ!

嫌な事から逃げてはダメなんだけれど、色んな環境・状況で「今日はやりたくないな~」と思う事はあると思う。そういう時はやらないほうがいいんだろうか?でも、それって人の考え方によっては『嫌な事から逃げる』という行為になるよね?難しいな~。

嫌な事があっても、その後自分の好きな物事で楽しめればいいと私は思う。人それぞれ好きな物事って異なるし、何より好きな物事ならリラックスできるし、仕事をしている時と比べると熱意・熱量が違うんじゃない?!実は私もそうなんだよね~

好きな物事なら気分もずっと楽になるはずだけれど《世界的に流行しているウイルス》が治まるまでは、我慢をしなければいけない事もある。

連日ニュースで報道があるけれど「感染者が今日は何人」なんて報道はもう聞きたくないよ。悲しくならない?自分が感染したら・・・とか思った事はない?それぞれ予防はしていると思うけれど、それでも感染しちゃう場合があるもんね~?あ~怖い。そんななかでも

皆さんや私にいい事がたくさんありますように。

笑顔で幸せを呼ぼう!

不安や不幸も、やがて思い出になる! ~色々な人達と交流して自分の考えを増やし改めて、たくさんの人達の力になろう 誰でも、どんな時でも活躍の場はあるよ!~

「世界的に流行しているウイルスがまだ終息してなくて、生活様式も今までと変わっちゃった!慣れるまでが大変だな~」

こんな事を感じている人達は多いと思う。けれど、生まれる前から持病や障がいがある人達や、途中から持病や障がいを持ってしまった人達も生活が一変している。

なかには《新しい生活様式》がストレスになっている人もいるだろう・・・

じゃあ、持病や障がいを含めた様々な事が自分一人で解決できるのか?と問われると、それは無理な事だと私は思っている。専門家に任せれば安心!というのもまた違う気がするし・・・。だって、専門家だからって万能ではないでしょ?専門家にも様々な考えや思いがあるのだから。

私も今では以前やっていた手芸を一旦止めて、ブログ作成と、それ以外の仕事に集中している。けれど仕事が終われば私の好きな物事である読書だったり、録画した番組を観たりしている。後数日で友人からおススメされた作品がTV番組で放送されるから、観てみようかな~?友人から作品のタイトルと大まかな内容は聞いているけれど、私が1回も観た事のない作品だったし、内容は持病や障がいがある人向けのアニメーション作品らしいから観てみようっと!おススメしてくれた友人曰く「○○さん(私の名字)のブログに活かせるかもしれないよ?そういう人達に向けたブログを書いているんでしょ?」とまで付け加えられて、ますます興味がわいちゃったし(笑)

私も〔世界的に流行しているウイルス〕が無ければ、色々な場所に行きたい!けれど、今は我慢の時であり、その期間は確かに長い!

先日のブログにも書いたが、私の持病の1つはストレスが良くないらしい。けれど誰でもストレスゼロでは生きられないよね~?

私はストレス解消が下手で病気にまで発展したのかな?その理由は定かではないけれど、そういう事は考えないほうがいいっか!

誰にでも得意・不得意はあるんだから・・・それを笑いのネタにしてイジメるのは良くないけれど。

私もパソコン作業は苦手だが、教えてもらいながらメモをとり、慣れるまではそのメモを見ながら作業すれば、不得意なパソコン作業でも、できる事が増えて自分の自信や誇りになるでしょ?

新しい生活様式は『様々な事へのチャレンジ期間』になるといいんじゃないかな~?

皆さんや私にいい事がたくさんありますように。

笑顔で幸せを呼ぼう!