水頭症や障がいがあっても まじめに元気に!

障がいを持った20代女性です 水頭症という人とちょっと違う病がありますが、まじめに元気に生きてます 私の元気を同じような悩みを持つ人に分けてあげます 人生悪いことばかりじゃないよ

色々チャレンジ! ~自分に合う事を1つでも多く見つけて、笑顔もたくさんだよ!~

私は最近とにかく楽しみがいっぱい!

もう持病や障がいの事は悔やまない。だって、こうなったのは仕方ないし、このおかげでたくさんの人と繋がれて自分にとって新しい発見もできた。 その一つが「大人の塗り絵」。

塗り絵なんて子供がやるイメージだったけれど実際やってみると、童心になれて楽しい。期限なんてないし。

私もそうだけど持病や障がいを治したくて焦る気持ちはよく分かる。私も、ときどき焦るから。

でも、焦ったところで自分が苦しくなるだけ。

それなら、自分が楽しめる事したほうが全然良いよ!

楽しむ事は[今]しかできない! 逃したら次はいつになるか。 もしかしたらもう来ないかも。

だから、辛い時こそ楽しむ。

楽しい事してる時は、辛い・苦しいなんて思わないでしょ? その考えだよ、それだよ!

 

毎日、いつだって、どんな時だって笑って過ごせるようになりたいし、皆さんにもそうなってほしいから

笑顔で幸せを呼ぼう!

TAKE IT EASY! ~いつだって私達にはたくさんの人・幸福の神様がいるよ!~

私は、とにかく可愛いものが好き。今は、あるアニメのぬいぐるみが大好きだし、そのアニメも勿論大好き。

誰でもそうだと思うけど、検査とか持病からの辛さとか忘れたいし、思い出したくないと思うんだ。 嫌な事だものね。

けれど一口に「てんかん」や「水頭症」っていっても色々異なる。 症状も服薬も異なる。

だからって、逃げたくない! だって、この先もずっとついてくるものだから。

だったら、それぞれの「好きなもの」で癒されようよ!

好きなものに罪はないし、あるだけで癒されるでしょ?

私もそう。 自分の好きなことや好きなものをみてるだけで癒される。

まだまだ私達『障がい者』の苦悩の日々は続くけど、

私は皆さんに毎日が「いい日だったな」と思ってほしいし、たくさんいい事があると良いとおもうから

笑顔で幸せを呼ぼう!!

STEP BY STEP! ~日々の小さな一つがあなたの大きな成長の証となるよ!~

私はもともとインドア派なのですが、最近は両親や前職の友人の勧めで外に出るようになった。

働いていた時期はほぼ毎日外に出ていたけれど仕事が外でできなくなってからは家の中にいることがほとんどで何の刺激もなかった。

ところが今は回数は少ないけれどある所に通ってる。

そこは前職の友人も行っており少しは安心している。 私は知らない人ばかりだと緊張するから。

私は今、前よりも少し輝いている気がする。

それにそこで新しい発見もできてツイッターにも広げれた。

これで少しは笑顔を分けてあげれたかな?

私はこれからも色んな発見をする。

だって、自分が知らなかった事が知れるのはいい事でしょ?

持病や障がいとは長い付き合いになる。

それなら、自分にできる事をたくさん見つけて楽しんで、

笑顔で幸せを呼ぼう!

悔しさ・辛さを明日へのエネルギーに! ~考え方や見方を変えればいつだって幸せになれるよ!~

私は、持病や障がいを盾にしたくない!

確かにみんなと同じ様にはできないし、できる事があるとしても自己流になってしまう。

当然のごとく周りからは変な視線で見られる。

けど、仕方のないことだ、だってそうでしょ?

私達が他人や両親に「代わって」といったところで代われるわけがない。 漫画やアニメじゃないもの。

それなら、こうやって考えてみない?

これは、神様が私達だけにくれたものだと。

私達は、神様に認められたんだ! 私達ならこんな辛い事乗り越えられるって!!

今は辛い事がたくさんだけど、人は平等にできてるから今辛い思いをしておけば後は、今よりもっといい思い出がたくさんできる。

持病や障がいで辛く苦しいだろうけれど、毎日楽しくいい思い出いっぱいで満たされたいよね?

私もそうなりたいし、皆さんにもそうなってほしいから

 

笑顔で幸せを呼ぼう!

あなたの思いが不可能を可能にするよ! ~希望を胸に自分のペースで進もう!~

私は、最近塗り絵にはまっている。

勿論、幼少期から塗り絵もやりましたし、その塗り絵は今でも大事にとってあります。どれも中途半端で終わってますが(笑)

でも、今度は大人の塗り絵を購入し、自分らしく、ゆっくり手をつけてます。 焦ってもいい事ないので。

私は持病や障がいも同じだと考えてる。

早く治したいって言う気持ちは理解できる、自分だけがこんな思いするのは何故?代わってほしいって気持ちも。

私も何度そう思ったか分からないけど、漫画やアニメじゃないもの。スペアがあるわけでもない。

だったら、辛くても、いい思い出をたくさん作ろうよ。

今回、私から皆さんにこんな言葉を贈りたいと思う。

[春夏秋冬に終わりはない。 二十歳の玄冬もあれば、八十歳の青春もあるのです。}

皆さんが毎日笑顔なら私も幸せ。

どんなに苦しくても、毎日必ずいい事はあるから

笑顔で幸せを呼ぼう!

一人一人が輝ける! ~持病も障がいも、どんな事でも乗り越えるよ!~

私達『障がい者』は、どこまで、いつまで耐えればいい? いじめ等から。

持病・や障がい者になったのも、私達が好き好んだ事じゃない。

なのにどうして比べるかなぁ?

これが健常者同士なら比べないのに。

でもね、そんな私達でもちゃんと生きてるの。

みんなと全く同じ様にはいかないかもしれない。

けれど、誰でも得意・不得意はあるもの。

できない事を無理にする必要はない。 けれど、初めから「できない」って考えないで、とにかくチャレンジしてみよ。もしかしたらできるかもしれないでしょ?

やってもできなければできる人に頼ればいいもの。

でも、できたら嬉しいでしょ?

「やった!」って気持ちになるよね?

皆さんにいつでもいい事たくさんありますように。

 

笑顔で幸せを呼ぼう!

いつでも笑顔でいるよ! ~一人の笑顔が、たくさんの人の幸福になっていくよ!~

私はこれまで色々な事を潜り抜けてきた。

幼少期からの水頭症のシャント手術、てんかん発作の苦しみ・服薬の調節。

さすがに、もう手術は無いだろうと思っていたら、別の病気が見つかり手術。 その手術痕は、成人を過ぎてからのもので、わりと新しいので今でも残っている。

持病や障がいがあるのは確かに嫌だ、いい事なんてないもの。

だけど、そう思ってると、意外なところに、いい事があったりする。

何事もとりあえずやってみようよ!

私も父親に教えてもらうまではツイッターや、はてなブログなんて知らなかったけれど、存在や操作の手順を教えてもらった事で、こうして続けられてる。

なにしろ、私はパソコンが苦手なのだ(笑)

でも、苦手なりに挑戦して、今では手順を見なくてもスラスラできる。

自分に何が合うかなんて分からないけれど、好きなもの・興味のあるものはとりあえずやってみようよ!

色んな事に取り組んで自分の知識を増やしていこう。

そして、

笑顔で幸せを呼ぼう!~