水頭症や障がいがあっても まじめに元気に!

障がいを持った20代女性です 水頭症という人とちょっと違う病がありますが、まじめに元気に生きてます 私の元気を同じような悩みを持つ人に分けてあげます 人生悪いことばかりじゃないよ

困難な状況だからこそ楽しさ・嬉しさが倍になる! ~自分の幸せオーラを周りの人にも分けてあげよう、ホラ、幸せの花満開だよ!~

私ははてなブログを書く時は、小説やドラマ、歌詞に使われている[言葉]を参考にしている。

何にしてもそうだけれど、『文章や言葉』にはその人が伝えたい「思い・気持ち」がたくさん詰まっている。

私は正直、自分の病気や障がいについて文章にするのは、とても辛い時がある。

だからってそこから逃げていいのか?って聞かれると、うーんってなる。

だって持病や障がいで苦しんでいる人は世の中にたくさんいる。みんなそれぞれ自分と違った環境で育ったり、同じ病名でも程度が自分とは異なっていたりと様々ある。

私も、このはてなブログを書き始めてもう随分たくさんの記事を投稿してきた。もちろんこれからも書き続けようと思う。読んでくださる読者様がいるのなら少しでも力になりたいし。

また、ツイッターでも勉強になる事がたくさんある。

それは使い方という意味ではなく、(こんな物があるんだ~。私、今まで知らなかった~)というもの。

どんなに苦しい状況でもいい事は必ずあるんだよ。それが何なのか分からないと楽しくてワクワクしませんか?

いつ・どんな時でも皆さんや私にいい事がたくさんありますように。

笑顔で幸せを呼ぼう!

あなたの人生はキャンバスに描くとカラフルな絵になる! ~色んな経験・体験をしてキラキラ輝いていこう!~

私は自分自身興味のあるものや楽しく覚えるものが増えた。

一つはオシャレする事。まだ駆け出したばかりだけれど、以前よりは少し興味が出てきた。

初めてオシャレした時の事も覚えている。もちろん仕事ではなくプライベートでね。

『持病持ちの障がい者』だからって全てがNGなわけではなく、ほんの一部我慢したり、自分なりの方法でトライしてみるだけ。

私も小さい頃からできない事もたくさんあったけれど、今はできるようになったり、まだやってみたい事も山ほどある。

けれど、無理はいけない。私達『持病持ちの障がい者』は無理する事こそ一番の毒であると思う。

私も友達と同じ様になりたくて、身体は限界だったけれど心配させたくなくて、「平気、平気」といった結果、翌日は調子が悪くなった経験は何度もあるから。

自分の身体の事は自分しか分からないのだからしっかり管理しながら、楽しむ時は楽しまないとね。

この先も持病や障がいとの付き合いは長い。

あなたなら苦しく、辛い人生にする? それとも、嬉しい・楽しい事がいっぱいの人生にする?

私は後者かな? だってこれからも闘病生活やその他辛い事は必ずたくさんあるんだもん。

皆さんや私にいつでもいい事がたくさんありますように。

笑顔で幸せを呼ぼう!

悪いものは自分の中から追い出してしまおう! ~どんなに困難な道も自分や周りを信じてどんどん進もう!~

私は、最近ふと思う。健常者でも障がい者でも何か『変化』があると、以前より少しずつ変われるんだな~って。

私もつい最近嬉しい事があった。何なのかはもちろん秘密だけれど、それより少し前から、以前の私なら絶対やらない事にチャレンジしてみた。

だけれど家族以外は私が言うまでその変化には気がつかなかったから、最後は私が直接言ったのだけれど。

持病や障がいも常に変動する。

私の持病も今は安定しているけれど、いつまた発生するか分からない。

けれど、分からないからっていつまでも病気や障がいに怯えるのも私は良くないと思う。

私は[気持ち]が持病や障がいに影響すると考えているから。

私のてんかん発作だって起きないのが理想だけれど、服薬してるから100%起きないとは限らない。

もし、起きてしまい周りに迷惑かけたら、後でもいいから一言言っておくだけでも違うと思う。

私もまだまだ闘病生活は長くなる。きっと死ぬまで続くと思う。

けれど、私も一人の人間として人として、未経験・未体験はたくさんあるから、これから少しずつやっていこうと思う。

皆さんや私にいい事がたくさんありますように。

笑顔で幸せを呼ぼう!

無数に輝く流星! ~あなたという星はいつでも他の誰かと繋がっている、決して1人じゃなく、みんな仲間だよ!~

私達『持病持ちの障がい者』は、それだけでレッテルを貼られ〔自分達とは違う〕という目で周りから見られる。

持病や障がいがあるのも、別に私達が好んでそうなったわけではなく「偶然」なのに。

私のように先天性の病気の人もいれば、後になって障がい者になった人もいる。

私も成人以降、1度だけ持病や障がい以外で別の病気になり手術をした。今では手術の痕は薄れているし、もちろん手術中の記憶なんてないけれど、私は手術して良かったと思う。 悪性ではなかったけれど、その時の受診科の主治医曰く、[あまり良くないもの]らしいから。

私達はどうしても見た目で判断されがちで、目つきや歩き方がおかしいと笑われたり悪口を言われたり。

それなら、私は問いたい。 [あなた達に、私達の苦しみがわかりますか?それで笑っているのですか?あなた達とは違うのがそんなに面白いですか?]と。

私も学生時代にいじめを経験し、成人して働くようになった2ヶ所目のA型事業所では2度発作を起こすほど嫌な事もあった。

今も色々嫌な事はあるけれど、以前よりは減少した。

それに今は楽しい事が待っている。今年こそは実現させたいけれどどうかなー?私の体調次第って事もあるし。

皆さんや私にいい事がたくさんありますように。

笑顔で幸せを呼ぼう!

言葉には秘められた力がある! ~あなたの何気ない一言が多くの人に元気を与え、励まして笑顔と幸せを生み出すよ!~

私は最近、録画したドラマやアニメの主題歌などから元気をもらったり、お気に入りの小説から〔この言葉・表現はいいな~〕というものははてなブログで使用している。
本当ならツイッターでも使用したいけれど、ツイッターは、はてなブログと違い文字制限があるのでなかなか難しい。

私の最近のお気に入り曲はミスターチルドレンの『HANABI』。これはドラマ「コード・ブルー」の主題歌でもある。
曲名だけで考えると、夏歌かな?って思うけれど実は違うし何か色々命や人生について考えさせられる ドラマの内容が医療ドラマだからそうなのかもしれない。

自分の病気や障がいは自分一人で闘っているんじゃない。

支えてくれる家族や友人、そして病気の診断をして治療をしてくれる主治医や看護師がいてこそ私達は助かっているし、今は生活が送れている。

私は今この年齢でも両親と一緒に住んでいるけれど、親のほうが先にいなくなるし私もそろそろ相手を見つけたい。 私の持病や障がいを理解し好きでいてくれる人と一緒になりたい。

ツイッターのフォロワーさんの文章を読んでいると、てんかんがあると発作が起きた時対処に困って逃げられる等と書いてあったりもしたけれど、それはある意味仕方がない事だと思う。

世の中にはいい事も悪い事も混在しているし、いつも上手くいくとは限らないけれど、今この瞬間を楽しんじゃおうよ!

皆さんや私にいい事がたくさんありますように。

笑顔で幸せを呼ぼう!

色んな角度や視点で周りを見渡し新発見! ~些細な出来事があなたや大勢の人を楽しく笑顔にしてくれるよ!~

私は最近新たに「集めてみたいな~」って思うものができた。それは、スクイーズというもの。

ツイッターのフォロワーさんが集めているのを知ったので〔どんな物なのかな?〕と思い検索してみたら凄くかわいかった。
けれど、今はやっぱり集めるのは止めようかなと思う時もある。だってかわいい物って眺めているだけでも目の保養になるし。

また、最近は本棚の整理整頓をしながら以前読んでいた小説やコミックを読むようになった。
すると、以前は感じなかった不思議に出会うことができた。 例えば・・・

常用漢字でこんな漢字あったかな?』とか、『当て字かもしれないけれどこんな使い方もあるんだ』など。

やっぱり本の世界は面白い。 それは、私が読書が好きっていう事も関係しているんだろうけれど

私はまだ暫く以前読んでいた本の読み返しに入ると思う。

けれど、そればかりではなく新しい事にもチャレンジするよ。

この先、いつ・どこで・どんな事があるか分からないから。もうそうならないでほしいけれど近いうちに発作で入院になるかもしれない、あるいは何か別の病気にかかるかもしれない。

でも、だからってビクビクしていてもいい事はない 自分で見つけに行こうよ。

皆さんや私にいい事がたくさんありますように。

笑顔で幸せを呼ぼう!

苦しく辛い思いを乗り越えた先は笑顔と幸せ! ~焦らず慌てず、長期戦で持病や障がいと向き合っていこうよ!~

私達『持病がある障がい者』は服薬が欠かせない。

私もこれまで何度も薬の量を調節したり、採血で薬の濃度を調べたりしてもらった。

最近の通院時の主治医の話では、「今は3種類服薬してもらってますが、いずれは2種類にしましょう」との事。

確かに私達の持病や障がいは市販薬では治らない。本当は副作用のない漢方薬が一番いいのだけれどこればかりは仕方がない。

私は風邪薬なども主治医に処方してもらっている。薬局で下手に薬を購入して持病の薬に影響するといけないからね。

それに私達は持病や障がいに関しては素人だ。本やインターネットなどで、少しくらい知識・情報として見ておくのはいいと思う。

けれど、本やインターネットの情報が全て正解ではない。特にインターネットは本当の情報も嘘の情報も書ける世界だから。 私がこうして自分の経験談を書いているけれど、これもあくまで〔参考文章〕っていうだけで正解ではない。

もし、本やインターネットの情報が全て正解なら『医者という病気や障がいに関する専門家はいらない世界』になると私は思う。

これからも辛い出来事はたくさん出てくるけれど、そればかりではなくいい事もたくさんあるよ。

皆さんや私にいい事がたくさんありますように。

笑顔で幸せを呼ぼう!