水頭症や障がいがあっても まじめに元気に!

障がいを持った20代女性です 水頭症という人とちょっと違う病がありますが、まじめに元気に生きてます 私の元気を同じような悩みを持つ人に分けてあげます 人生悪いことばかりじゃないよ

社会の変化と共に人々の考えも変わるといいな! ~長引く辛く苦しい事もいつの日か過去の笑い話になるかも、1人じゃないから頑張り過ぎなくていいよ!~

季節や環境の急激な変化で体調が・・・なんてことは誰にでもあるから別に珍しい事ではないと私は思う。私も仕事をしていて、慣れてきた事でも進み具合いが悪いと「久しぶりに、この作業するからかな?」とか、「ちょっと、身体がいつもと違うな・・・」という事は季節が変わる時によく感じる。だからそういう時は私は仕事からは離れ景色を眺めるようにしている。仕事は代わりがいるけれど、〔人の体調の代わり〕というのは聞かないし、おそらくそういうものもこれから先は存在しないだろう。

テレビ番組やCMで『医療を助けるロボット』や『医療関係者が大変!』などが流れるのはテレビ番組やCMを見れば誰だって分かる。少し前からは持病や障がいのある人達へ向けて《電動アシスト自動車》(こんなネーミングだったような気がする。正確に覚えていないけれど・・・)が開発されて実用化に向けて進んでいるのに、世間の一部の人達の持病や障がいがある人達に向けての対処・対応の仕方ってどうなっているの?

お互い【知らない人同士】から始まるから、いきなり相手の全てが分かるわけではない。だけれど、持病や障がいがあると分かった途端、態度や対応を変化させるのは人としてどうなのかな?と私は思う。持病や障がいのある人は自ら望んでそういう身体になったんじゃないし、それなりの苦労や辛さがあると思うし、自分の他に自分と同じような立場の人がいるなら、話を聞いてあげたり、聞いてもらったりしたいだろう。同じような境遇の人同士なら少しは分かり合える部分があるんじゃないかな?と私は思う。

私も「そういう人達と意見交換会したい!」とか、「このブログを私の1部の友人・知人以外にどんな人達が読んでいるんだろう?」という興味はある。けれど、私はそこでストップしてしまう。理由としては[ネット世界・ネット社会が怖いから]。

単純な理由かもしれないし、バカらしい理由かもしれない。けれど、やっぱり自分の身体は自分で守らないとね!持病や障がい関連に関しては素人では分からないとしても、何も動き出せないわけではない、自分の出来る事から少しずつ・・・ね?

私は持病のほうでどうやら2種類の[てんかん発作]があるらしい。体からくるものと心からくるものだが、私は数年前に体からくるてんかん発作で入院までしたが、今は服薬の影響もあるからかもしれないけれど、体と心、どちらのてんかん発作もない。心の方は平成28年に初診断を受けたが診断名に「非てんかん発作」とあり、それを診断した主治医も私や家族に詳しく説明はない。

私としては「どういう事に気をつけたらいいのか?」知りたいだけなのに、別の専門医からも「SNSや本に頼らないように、○○さん(私の事)が望む正解はSNSや本には書いてないから」と言われる始末で自分で対処・対応策はゼロ・・・。

《世界的に流行しているウイルス》があるにも関わらず、「○○さんの気持ちが落ち着くことをしましょう」と言われるだけ。もう、そういう事を言われる前から既にやっている事も診察時に話しているのに~。

自分がしたい事ができない!これは誰でもストレスだと思う。だって、個人個人生活スタイルがあり、それは、それぞれ異なるし、今は《世界的に流行しているウイルス》で色々辛く苦しいし、まだ、ウイルス終息の気配もないし・・・。

それでも目線や視点を変えるなど色々な工夫をしてみよう!

皆さんや私にいい事がありますように。

笑顔で幸せを呼ぼう!

色々な人達との様々な繋がりって素敵! ~過去の思い出も全てが無駄にはなってない。今しかできない事だってあるんだから自分の体調等で取り組んじゃおう!~

私は最近また少しずつ言葉や表現に興味を持ち始めた。それは私がこうしてブログを書いていたりするからかもしれないんだけれど・・・。

私は小学2年から大学卒業まで英語も習っていたし、その当時は「将来、英語教師になれたらな~」という将来の夢があった。大学でも一応英語教師になる為の学科で学んでいたけれど、結果がついてこなかったという悲しい過去がある。

今は色々な事が変わってきているから、私が英語を学んでいた当時と同じ意味を持つのかな?とか思ったり・・・例えばEVERとNEVERは(~しなければならない)という同じ意味を持つが、NEVERのほうがEVERより強調的だよというのは私が英語を学んでいた時に習ったが今でもそうなのかな?とか思ったり。

最近は《世界的に流行しているウイルス》関連で『オンライン○○』とかあるけれど、画面越しのやりとりってどうやるんだろう?安全面は確保できるかもしれないけれど、ある程度の我慢は必要だけれど我慢のしすぎは良くないし・・・と思う。

《世界的に流行しているウイルス》も未だに終息がみえないのに、色々なキャンペーンをしてもいいのかな?と思う。だって、今回のウイルスは未知なんだよ?連日、ニュースで「感染者何人!」と報道されているのに、そういうキャンペーンに出掛ける?商売にしている側からしてみれば、生活があるから仕方ないとは思う。誰だって生活はあるし、息抜きも必要だけれど・・・

《世界的に流行しているウイルス》と現在の生活の共存って難しいね。今まではブログ内でも〔持病や障がいのある人達〕を中心に話題にしてきたが、それ以上にストレスを抱えているのはやっぱり周りの人の負担が大きい。このご時世だからストレスも大きいのではないかな?そういう人が病気にならないって・・・自分の周りにそういう人がいれば、たとえ自分が直接的な原因でないとしても「もしかしたら、私の原因で体調が悪くなった?」とか考えて、思い当たらなくても「大丈夫?」って聞いちゃうよね。もちろん、聞かれた側は心配をかけないためだと思うが「大丈夫だよ。心配してくれてありがとうね」とは言うだろうね・・・

私も未だに1つ、私が診断され「ん?」と思っている病名で家族・親戚・知人・友人・主治医・専門医の誰にも明かしてない事がある。もちろん私が診断されたものだし、仮に明かして、結果的に「私の勘違いでした~」という事で周りからバカにされ笑われるのも嫌だし・・・。

本当に言葉や表現の捉えかたって難しい。でも、その人にとってはSOS信号だったりもする時はあるんだよね?コミニュケーションをとるとしてもやっぱり大事なのは言葉・・・だから言葉で人を傷つけたらいけないよ!

私も今は《世界的に流行しているウイルス》の中、自分の時間をエンジョイしている。それが過去に放送された映画やドラマやアニメのDVD鑑賞なんて言ったらバカにされるかな?既に言ってしまっているけれど(笑)でも、DVD鑑賞や読書の時間は私の[大人の国語の時間]でもある。読者の皆様にだってそれぞれ好きな物事があるだろうし・・・

皆さんや私にいい事がありますように。

笑顔で幸せを呼ぼう!

様々な思い・希望・夢があるから頑張れる! ~自分だけが悲劇の人じゃない、みんなそれぞれ何かを抱えている 少しでも気持ちを和らげてあげる事ができたらいいな!~

誰にだって『自分の好きな物事を仕事にできたらいいなぁ~』という思いはあると思う。私にも『そういう思いがないのか?』と聞かれ、「ありません」とは言えないし・・・。好きな物事を職業にするなら人よりも何かが優れているか努力をしなければならないし・・・。

でも、《自分でも気がつかない努力》をもしかしたらしているのかもしれない。それは個人個人の毎日の生活の何かに表れているかもしれないし、そうではないかもしれない。

私も今更ながら購入した小説を読み返し、「この言葉の意味は?」とか、「この表現、ブログに使えるかな~」とか、バラエティー番組でクイズ番組が放送されていれば「分かった!このクイズの答えは○○だ!」とか「これは、知らなかった~。へぇ~、そうなんだ」とかを私一人でやっているし・・・まぁ、【大人の国語の時間】という具合なのかな(笑)

仕事だけが難しいんじゃない!人との付き合いも難しい。方言・人名・地名・持病・障がい・・・言い出したらキリが無いほど難しい事で溢れてる。その社会の中で誰もが何とか生活しているからいいじゃない!

ニュースで『GO TOトラベルで観光業界大ダメージ!』とか『感染リスク拡大するかも・・・』のようなニュースをみたが、私にしてみれば、「仕事があるだけ、良しとしないと。持病や障がいのある人達は、私も含め職業に就くのが難しいんだから・・・」と心の中で思ってしまう。

私は今でも一応職業っぽい事をしているが、やはり体調や持病や障がいの事は1番最初に頭に浮かぶ。以前の職場でも持病や障がいの事は話したが、1ヶ所は[持病や障がいのある人達の職などをサポートする施設]でありながら、一番偉い〔社長〕と呼ばれる人が理解がなければとも思う。その場所を私は既に退職し何年か経つけれど今でも思い出すだけでムカムカする。

そんな辛い思い出がある場所なら、ブログ内で書かなくてもいいんじゃない?体調悪くなっちゃうよと思われる読者様もいると思う。そういう読者様には文面上で申し訳ないが「身体の心配をしてくださりありがとう」と言いたい。顔も名前も知らない、会った事の無い人の心配なんてなかなかできる事ではないし。

でも境遇や環境や何かが自分と似ていると、自然と親近感が湧くのかな?

私もこのブログは持病や障がいがある人達を励ますために書いているし、文面も所々に語りかけるような口調で書いているし。まぁ、それが《その人の特徴》くらいに思われていればいいと思う。人の特徴ってそれぞれ違うし、色々あるし・・・ね?

皆さんや私にいい事がたくさんありますように。

笑顔で幸せを呼ぼう!

人を悲しませない事をどんどんチャレンジしてみよう! ~時には気持ちがダウンしても、何かのキッカケで新しいあなたに生まれ変われるよ!~

《世界的に流行しているウイルス》が発生してから連日のように、『○○で感染者○○人、そのうち最も多い年齢が・・・』など報道されている。最初の頃は『3密(密閉・密集・密接)を避けましょう』とコメントもされていたけれど、今では全くそういう言葉を聞かなくなった。いつになったらこのウイルスは完全に終息するんだろう・・・?

ウイルス感染を避けるのは大事な事なのは私にも分かる。けれど、それでストレスが生じて体調を悪くしたら?このウイルスは、いつ・何処で・誰に感染するか分からない。一時は『若者には感染しない』と言われていたが今は年齢を問わず老若男女感染している。

私も持病や障がいで、「○○はやってはダメ」と言われている事は避けている。でも、持病や障がいのない人達だってストレスは生じている。持病や障がいで「アレはダメ、これはイイ」というのがあるのなら、その周りの人達の心のケアもしてあげるのはどうだろう?

持病や障がいがある人はもちろん大変だけれど、その周りの人達のほうがもっと大変!ストレスが生じて体調を崩したら?こういうケースはあり得ない事ではないでしょ?みんなそれぞれ色々あるのに何か特別な事があった時だけ大きく取り上げて、「安定してきたかな~?」と思えば、段々話題を小さくしている。

ウイルスの終息を願うなら「しつこい!」って思われても終息するまで3密に関して注意喚起をするべきだと思うし、それと同等な気持ちで持病や障がいがある人達への理解を深める特番でも放送するのはどうだろうと私は思う。だってこのウイルスだって大きな括りでは《病気》の部類に入らない?

私も今はブログ作成とは別に仕事をしている。その時にお互いの挨拶や情報交換程度であっても、マスクをしてない人と関わるのは避けたいと思う事が多々あり、「これだけ感染者がいて、ウイルス終息もしてないのに、マスクをしてないなんて自分はウイルスには感染しない自信でもあるんだろうか・・・」と思ってしまう。まぁ、私の場合は個人的にその他の理由もあるけれど、ここでは言わないでおく。

私も今は新しい事をやりたいな~と思っている。以前、このブログでも2作品ほど紹介したと思うが実はあの作品の他にもまだ〔手作り作品〕はあるんだ~。スマホで写真撮影してスマホに保存をしたが、スマホからパソコンへの保存がまた面倒なんだよね?面倒な作業だと私は聞いたけれど、パソコン関係に疎い私はやり方が分からず、数日前にアドレスや電話番号はそのままに他社のスマホにした為に、今は新しいスマホの機能などを理解する事に四苦八苦・・・。作品を皆さんにお披露目できないのはちょっと残念・・・

持病や障がいがあっても、こんな事ができる人がいるんだ!それなら私にもできるかも?!と、皆さんの励みになるかな?と思ったのに・・・

皆さんや私にいい事があありますように。

笑顔で幸せを呼ぼう!

みんな違ってみんな良い、だから自分に自信を持とう! ~自分が恥ずかしいなんて思わなくても良いよ、みんなそれぞれ誰かの助けや役に立てているんだから!~

持病や障がいがあると「自分は他の人とは違う、周りの人に助けてもらわないといけない部分があるし・・・」なんて考える人もいると思う。私も障がい面で場所に応じて他人の手助けが必要だし、持病面では〔万が一の事〕が起きれば対処・対応してもらわなければならない。私も自分自身で〔万が一の事〕が起きない為の予防は服薬と通院治療で行なっている。けれど、それでも完全に持病や障がいを防いだわけじゃない。

私は『水頭症』の治療を担当した主治医から「磁力が強いところには行かないようにしてくださいね。シャント(頭の中の水の流れをコントロールする管)の動きが狂ってしまうので・・・」と言われているし、『てんかん』の治療担当をしている主治医からも「強すぎる光刺激は良くないので、ゲームは時間を決めてプレイしたり、パソコンでの作業も気分が悪くなるような事があれば休憩しながらにしてください」と言われている。肢体不自由面に関しても「自分一人で通るのが無理だったら、周りの人に声をかけて助けてもらってくださいね」と言われている。視力も良くない私は何年か前までは眼科通院もしていたが、今はしていない。眼科の主治医の判断で卒業はできたから・・・。

でも、視力が元通りか悪くなってるかは私にも分からない。テレビ番組を観ていて「眼にはこの食材がいいですよ」と言われてからはずっとその食材を必ず摂取している。私もアレルギーはあるけれど、食材に関しては無いから・・・。アレルギーがある人はそれはそれで辛いだろうな~。

人って見た目で判断され、その印象が強く残るんだよね~。人それぞれ見た目や思ってる事は違う、けれど、見た目ではんだんされてもねぇ~。例えば、見た目が悪くても内面はいい人だったり、その逆も存在するわけだから。持病や障がいのある人は見た目で判断される事が殆どだけれど・・・。

確かに見た目も大事、でも内面も同じように大事。色々な人達がいるけれど、自分勝手な理由で自分より弱い者をいじめたり、自分の事を殺したりするのは間違っていると私は思う。自分が他人と違ってもいいじゃない!クローンみたいに自分と同じ人間がいたら怖いし、双子や三つ子だって全く同じではないでしょ?

自分に足りないところは他人に助けてもらえばいいと思う。健常者同士が「分からないところがあり助けてほしい」という会話には他の健常者は即差に「うん、いいよ!」と応じるのに対し、持病や障がいがある人からのSOSは一部の心優しい人以外は無視をしてその場を立ち去るか、通り過ぎて自分は見なかった事にする。そんなの変だ!

持病や障がいのある人達は自ら好んでそういう身体になったんじゃない!たとえ周囲に理解されない病名や障がい名を患っていても、後の事は他の人と同じだよ。私も「もう恋愛は無理かな~。妄想も止めちゃったし・・・」とは思うけれど、やっぱり諦められない思いがある。数年前、短期間ではあるけれど、立場的には私と同じように持病や障がいがある彼氏がいたんだから!

《世界的に流行しているウイルス》が治まるまでは恋愛等も難しいかもしれない。SNSを使っての犯罪とかもあるし・・・色々な悩みに頭をかかえるけれど、それでもいいから

皆さんや私にいい事がたくさんありますように。

笑顔で幸せを呼ぼう!

いつでも自分の思い通りになるとは思わないで! ~生活の中で様々な出来事から色々学び、他の人達とも交流を深めよう 色々な視点から様々な学びがあるよ!~

《世界的に流行しているウイルス》が治まるまで、好きな物事が思うようにできない!

こんなふうに嘆いている人もいると思うし、仕事のやり方が変わったり、お給料等の問題で生活面も色々変わっていると思う。私も外出場所が通院先と仕事場所の往復になっているから・・・。

私も映画やカラオケは大好きだけれど、3密(密閉・密集・密接)になるから行けない。もちろん「行こう!」と思えばいけれない事はない。けれどインフルエンザみたいに予防薬もないし、治療法も確立されてないからウイルスに感染した時に怖い。

好きな物事ができないのは仕方ない事だと思う。ウイルスでそんな事を言っていたら、持病や障がいがある人達の立場はどうなるの?と私は思う。ここからは少し私の経験も混ざるが以下の事で悩むと思う。

1.持病や障がいの真似をされる(私の場合は歩き方を真似された)2.変な渾名を付けられる(小・中学校時代に変な渾名を付けられた)3.友人が限られる(自己紹介の時点で持病や障がいの事を話し始めると途端に離れていった

今は私のブログを読んでくださっている読者様が理解者であり友人でもあるのではないかな?と私は勝手に思い込んでしまっているけれど、これって読者の皆様の立場になってみれば迷惑な事なのかな?

でも、持病や障がいの2つのうち障がいは見た目から「この人、障がいがある人だ。関わらないようにしよ」って避けられる事が多い。好きでそういう身体になったんじゃないのにね・・・。

今は状況的に開催されていないが、ウイルスが流行する前は各地で色々なセミナーや勉強会などが開催されていたと思う。でも、【持病や障がいがある人達の事を理解しよう!】みたいなセミナーは開催されない。テレビ番組で30分でもそういう番組だったり、バラエティー番組でそういう事を放送するのだったら、そういうセミナーが開催されてもいいのに・・・と思うのは私だけ?

それにね、「好きな物事ができない!」って嘆くくらいなら自分で新しい事を作って、『ウイルスの次はこれを流行らせよう!』っていうくらいの気持ちでいればいいんじゃないかな?流行るかどうかは分からないけれど〔一時の話題〕になるかもしれないし、ならないかもしれない。どうなるかは分からないけれど『何かをやってみよう!』という意欲は凄いと思うよ!

皆さんや私にいい事がありますように。

笑顔で幸せを呼ぼう!

自分が楽しいと思える時間や物事を増やして嫌な事は忘れよう! ~いつ・何が起こるか分からないけれど、楽しい嬉しい出来事が増えるといいよね!~

私はブログを書くときに内容が被らないように「今日は何を書こうかな~」って頭の中に浮かんでいる内容と、最近のブログを読み返しているが、新しい事がなかなか無い・・・。それに今までコロナウイルスの事は《世界的に流行しているウイルス》と表記していたのに、昨日のブログ内では《コロナウイルス》と表記しているのに・・・。おそらく読者の皆様の立場からでも《コロナウイルス》と書かれるより《世界的に流行しているウイルス》のほうが少しは気持ちが和らぐかな?《世界的に流行しているウイルス》=《コロナウイルス》って読者の皆様には既に認識があるよね~ニュース番組で毎日話題になっているから・・・。

と、冒頭から暗い話になってしまいスミマセン。では、ここで明るい?話をしようと思う。私は持病で『てんかん発作』があるのだが、もう何ヶ月も発作は出ていない。私が「ん?」と思っている病名の『解離障がいによる心因性てんかん発作』のほうでも発作ゼロ!『てんかん発作』のほうで服薬はしているがそれ以外には時々の採血だけ。私自身の判断では素人ながら「これだけ発作も無いし、もう治ったんじゃない?」と思うが素人判断が一番危険なんだよね~

それに、私は妄想も止めたが、今度は《本当の恋愛》がしたいという気持ちが強くなった。数年前に彼氏がいた時期はあったけれど、結局は私や私の家族が悲しい思いをして終わった・・・。今度はそんな思いをしない恋愛がしたいな~。でも、何処で出会いがあるんだろう?それに持病や障がいがある人達の側からすると、相手に持病や障がいの話をした時点で「ごめんなさい」って逃げられないかな?自分も相手も持病や障がいがある者同士での恋愛なら少しは分かり合える部分があるだろうけれど、その恋愛もまた大変そう・・・

でも、いつまでも両親はいるわけじゃない。言い方が悪いかもしれないが子供より先に親のほうが亡くなるんだから 殺人や心中自殺、何かの事件に巻き込まれない限りは・・・

腹いせやストレスという自分勝手な理由で事件を起こすのも止めてほしいけれど、いいニュースってなかなか無いんだよね~ それに今は友人や親戚に会いに行く事も難しい。私も外出と言えば通勤と通院以外はしていない。早く《世界的に流行しているウイルス》が終息するといいな~。

商業はウイルス関連で大変なのはニュースでみて知っている。そしてその対策としてGO TO トラベルキャンペーンが始まったが感染者は減らない。家の中にずっといてもストレスが出てくるのは分かる。

色々難しい時代になっちゃった!イベントも中止・延期・開催未定等にするしかないし。

けれど考えてみて?ウイルスが終息していない状態で出かけ自ら感染リスクを広げるのと、我慢を続けウイルスから自分の身体を守るのとどちらがいい?このウイルスに関しては治療法も治療薬も無いんだよ。予防法としては3密(密閉・密集・密接)を避けるという事があるけれど、働いていたりするとそれもなかなか難しい・・・

皆さんや私にいい事がたくさんありますように。

笑顔で幸せを呼ぼう!