水頭症や障がいがあっても まじめに元気に!

障がいを持った20代女性です 水頭症という人とちょっと違う病がありますが、まじめに元気に生きてます 私の元気を同じような悩みを持つ人に分けてあげます 人生悪いことばかりじゃないよ

前向きな考えは周りも自分も幸せになる! ~辛い状況だって私達はたくさんの人に希望と笑顔のプレゼントを贈るよ!~

私は最近本当に色んな事がある。 嬉しい事も悲しい事も。

嬉しい事は減薬できた事や、友人のおかげで新しい事が始めれた事。新しい事が何かは秘密。とは言っても、ツイッターではお披露目済みだけれど。

悲しい事は受診科の主治医が変わってしまう事や、まだ友人と遊びに行けてない事。でも、私も友人も都合合わせなきゃいけないから仕方ないね。

私は、「自分の好きな事なら諦めたくない!」

自分の中で一時のブームや試しにという思いでやってみた事はいくつかある。

その中でやっぱり自分には・・・と思ったものはもうやってない。

それより、私は色々チャレンジしたいから。

持病や障がいの関係でどうしても断念しなきゃいけないものも出てくると思う。

やっぱり一番は『自分の身体』だから。

今まで持病や障がいの関係でたくさん断念したし、遠慮もした。

けれど、人生は一度きりなんだから楽しみたい。

私達には持病や障がいはあるけれど、それを外せば普通に何でもできるんだから。

苦しく、辛い日々がこれからも続くけれど、皆さんや私にいい事がたくさんあるといいな。

だから、気持ちだけでも明るくすれば、ハッピーがあるから

笑顔で幸せを呼ぼう!

大きくても小さくても付けたスキルは自分の財産! ~失った物もあるけれど、得たものはもっとたくさんあるよ!~

私は今でも土日祝日以外はツイッターはてなブログも続けてる。

でも、ここまで続けられるなんて初めから思っていなかった。

親にはよく、「ツイッターの文章がかたい」って言われるけれど、それは、多分私自身が「ツイッターはてなブログは仕事」と認識しているから。

私もかつては、市役所臨時職員として働いていたり、A型作業所で働いていた。

どちらの職場も持病のてんかん発作を起こして長くは続かなかった。

ツイッターはてなブログの作成も家でやってるから、当然お駄賃はないけれど、私はそれでもいい。

私は〔私の書く文章で、どれだけの人が元気になってくれるかな~〕って想像するのが好きだから。

もちろん、将来的には、以前のように職場に出て働きたい!

けれど、今はそれまでの準備期間。家にいても何もできないわけではないし、気持ちばかり焦って、外でまた発作が起きたなんていったら、本人はもちろん、周りも苦しいしね。

焦らなくていい、自分ができる事・できそうな事はどんどんチャレンジしていこ!

あなたのマイナスにはならないと思う。

だから、いい事をどんどん見つけてチャレンジして、周りや自分に

笑顔で幸せを呼ぼう!

1人の力ではできない事もたくさんの人がいればできる! ~可能性がゼロじゃない限り、いくつもの未来は広がるよ!~

持病や障がいの事は、1人で抱え込みがちになる。

だって、『持病持ちの障がい者』になったのは自分だから。

でも、1人になるとどうしても暗いふうに考えがいってしまう。

私もそうだった。実の親には言えない事で今でもずっと悩んでいるけれど、私の「頼れる友人の2人」には本当の事が言えた

そのうちの1人は立場的に私と同じだから少し遠慮して話したら、「ちゃんと思ってる事話していいよ。もし、聞いてて苦痛になったらストップかけるから」といってくれて、私が変われるように色々提案してくれた

そういう友人がいるっていいよね! ネットの世界でもそういう繋がりがあることはいいことだし、持病や障がいも自分と似かよった人と話せば話しやすいし、似ている分悩みも打ち明けやすい。

自分だけで変わろうと思う気持ちは凄い。けれど、どう変わっていいのか、そもそも変わっているのかな?ってイマイチ分かりにくい。

だから、他人の意見を仰ぐ。

自分ができる事には限りがあるもの。

いい事も悪い事も、これからまだまだたくさんあるけれど、決して自分だけが辛いんじゃないよ。

人に頼ることもいい事だから 優しい気持ちがあるのはよく分かるけれど1人で抱え込まないでね、あなたは一人じゃないから。

いつでも皆さんや私にいい事がたくさんありますように。

笑顔で幸せを呼ぼう!

生きている限り、希望は存在する! ~諦めていた事、今まで出来なかった事ができる日は、いつかやってくるよ!~

私は未だに『私がしたいけれど、できてない事』がある。

それは、友人と遊びに行く事。 半分は都合が合わないし、私といると気を遣わせるからと諦めている部分がある。

過去に何度か友人と遊びに行ったが、いつも気を遣わせてばかりなのはなんとなく分かる。

友人も口には出さないけれど、もっとその場にいたいだろうな~って気持ちはなんとなく分かる。

20歳を超えてから[人を思いやる気持ち]に敏感になったのかな?と私は勝手に自分で思っている。

自分自身が〔持病持ちの障がい者〕だから余計にそう感じる力が私の場合は強いのかもしれない。

私達障がい者は、必ず誰かのサポートは必要だもの 普通にできれば、周りから嫌味を言われない。

それどころか持病や障がいのない人だってできる事・できない事がある。

だから、誰かに何か言われたり、されたりしても黙っておけばいい。反論したらさらにいじめがひどくなるだけ。

私も中学時代反論したことでシカトを受けたのだから。

持病も障がいも違うし、育った環境も違うけれど、これだけは忘れないで。

(自分1人だけが辛いのではない、見ているだけで何もできないほうがもっと辛い)という事。

だから、今度は私達が自分のできる事でそういう人達をHAPPYにしてあげようよ!

そして、皆さんや私にいい事たくさんありますように。

笑顔で幸せを呼ぼう!

辛さのスタートから笑顔のゴールへ! ~初めは小さな光でも経験・体験をたくさんしてみんなに希望をお届けするよ!~

私は辛い時は身内にさえも隠してしまう。

そんな考えは間違っているし、私の一番の理解者は両親かもしれないけれど、両親だから、心配かけたくなくて言えない・言わない部分がある。

その代わり友人には相談している。 今は私の事をちゃんと理解してくれる友人は2人。

でもね、私自身も、病気や障がいの事をそんなにたくさんの人に公にするつもりはない。

病気とか障がいの話は聞いてると暗くなるしね。

でも、そういうデメリットだけでなくメリットもあると私は思うんだ。

物事には必ず、メリット・デメリットがあるとね。

私は、以前に母親からこんな事を聞かされた。

水頭症になると、もしかしたら寝たきりになるかもと医者に言われたよ」と。

確かに、親に聞くと私の知ってる人で同じ水頭症で寝たきりの人がいる。

私は動けてる できる事は少ないかもしれないし、速度も遅いかもしれない。

それでもここまでできるようになった。

『持病持ちの障がい者』だからって恥じることはないと思うよ。

持病や障がいがあるのは仕方ないことだもの。

でも、いつでも皆さんや私にいい事がたくさんありますように。

 


笑顔で幸せを呼ぼう!

言葉は治癒への活力につながる! ~小さな出来事の積み重ねがあなたの自信、たくさんの人の笑顔になるよ!~

私はいつも、はてなブログを書く前には必ず、前日や前々日の記事やツイッターをチェックしてから新しい記事を書く事にしている。

内容が重複していたりしたら読者様側からしたらつまらないものになるから。

それに、『どんな事』を『どんな言葉』で書いたらいいのかなとか考える。

私は小説も読むけれど主に自分の好きなジャンルの小説しか読まないし、偏りがあるから、

「私の言葉で本当に、少しでも多くの人を励ませているのかな?」って不安はいつもある。

もうはてなブログだけでもだいぶ投稿しているのに・・・。

でも、書いている本人がいつまでも不安ではいけないよね。そういう気持ちって伝染しちゃうから。

人生は一度きりなんだもの。 やっぱり色々挑戦して楽しまなきゃ!

私達には[持病]や[障がい]といった決して壊れる事のない壁がある。

けれど、壊す事は不可能でも考え方やそれぞれの気持ちの違いで緩める事は可能かもしれない。

まだまだ、前途多難な事はたくさんだけど、いつでもいい事が皆さんや私にたくさんありますように。

笑顔で幸せを呼ぼう!

生きている限り夢と希望もある! ~視野を広げてたくさんの人に笑顔と幸せを届けよう!~

私は消極的になってもすぐ立ち直れた。それはある友人のおかげ。

まだ、「完全復活」とまではいかないけれど、私も今のままは絶対嫌!

だから、新しい事に取り組んで自分の可能性を増やすの。

できる事を自分ができる範囲で楽しむの。

持病や障がいがあるから何もできないんじゃなくて、持病や障がいがあるからこそ他人とは違う事をしてみよう!って考えに変換してみるの。

新しい事をやるって勇気がいるし、不安もある。

けれど、私はやりたい。 新しく取り組み始めた事を

まだ、どこまでいけるかとか分からないしゼロからのスタートになるけれど、私も一種のリハビリになるし、楽しいほうがいいし。

1人で持病や障がいの事を抱えるのは辛い。

でも、応援してくれる人が自分の傍やネットを通じているのならその人に自分が『成長した証』を見せて喜んでもらいたい。

私はいつも信じてる。 私達は持病や障がいがある分辛いけれど、それと引き換えに色んな可能性を秘めているんだって。

世の中色々あるけれど、私達は一人じゃなくたくさんの人に支えられて今がある。

だから、いい事も悪い事もあるけれど、悪い事は早く自分の記憶から消しちゃお。

[過去]は変えられないから、[今]とまだ先の見えない[未来]を想像すれば、きっと楽しいよ。

皆さんや私にいい事たくさんありますように

笑顔で幸せを呼ぼう!